ビジネスモデルキャンバスの勘所(有機的につなぐ)

世界中の多くの組織でビジネスモデルデザインに採用されている『ビジネスモデルキャンバス』。シンプルだけれど奥の深いこのツールについて、使い方のコツをご紹介していきたいと思います。


今日のテーマは「有機的につなぐ」です。


ビジネスモデルキャンバスは、9つに分類されたビジネスの要素を一枚のキャンバス上に描くものです。例えば私の仕事であるイノベーション推進であれば下図のようになります。

さて、このままでは単に要素を書き出しただけのチェックリストに過ぎません。これに魂を吹き込み、生きたビジネスモデルとするために重要な作業があります。

それは「書き出した要素同士をつなぐ」ことです。下図が先ほどのビジネスモデルキャンバスの要素同士をつないだイメージです。

要素同士をつなぐことで、それぞれの要素が存在する意味が現れてきます。もし、どの要素にもつながらないものがある場合、それはビジネスモデルに絶対必要な要素ではないのかもしれません。または、何か重要な要素を見落としているのかもしれません。そういった気付きを得ることが出来ます。

また、1つの要素を変えてみたらどうなるでしょうか。要素同士はつながっていますから、当然、ドミノ倒しのように他の要素もパタパタと変化していきます。これがビジネスモデル変革の基本的な考え方です。


いかがでしょうか。ビジネスモデルキャンバスを描く機会がありましたら、ぜひ要素同士をつないでみてください。きっと新しい気付きを得られることと思います。